脱毛というと全ての毛を無くすものと思われがちですが、部位によっては毛を残したりすることがあります。

特にVIOの脱毛では、一部を残すデザイン脱毛を希望する人は多いようです。

デザイン脱毛とは、どんなものなのでしょう。

《VIOのデザインとは?》

ムダ毛は本来要らない毛なのですが、VIOの場合は全く毛がない状態にするのには抵抗を感じる人もおり、VIOが無毛だと温泉等に入ると他の人からの視線を感じてしまい、嫌なものです。

VIOについては全て処理せず、デザインした形に残すのがデザイン脱毛です。

人気が高い順に挙げると、逆三角形、長方形、台形、楕円形、ハート型になっています。

《自然なデザインが人気》

逆三角形や長方形、台形はIラインに沿った形なのでそれほど不自然さはありません。

ただ、楕円形やハート型は明らかにデザインをしたのがわかるのでわざわざこの形にする人は少ないです。

ごく自然な形が人気ですし、落ち着きますよね。

《よく考えて脱毛を》

特にVIO脱毛については、医療脱毛にすると永久減毛になるので半永久的に毛が生えてきません。

ですからVラインをデザイン脱毛するとその形はずっと変えられないことになります。

よく考えて脱毛をするようにしましょう。

VIOをツルツルにしてしまう人がいますが、Iラインに毛が無いとデリケートゾーンが全て見えてしまうので後悔する人もいるのです。

医療脱毛を受けるとほとんど毛が生えてこないので、元に戻せません。

こちらも参考にどうぞ>>「ツルツルがたまらん」「いやいや逆三角形だろ!」 男子に理想の女性アンダーヘアを聞いた結果

後悔することのないよう、VIOについてはよく考えて脱毛をしましょう。